<< はきだめちゃうぞ | main | なんか書こうと思ったけど >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2014.08.17 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

あれから約1年

 前回のエントリにコメントを頂いた方、本当にありがとうございました。

見てはいたのですが、なんとお返事すれば良いか分からず・・・ もうすぐ1年弱が経過しようとしています。なんだかんだいって、ここに記録を残しておくことも自分のなかでは大事だなぁと思ったので、ふたたび記録します。

(以下、自分の整理のために書いているので、不快になりそうな方はみないでください。たぶんユニークユーザー5人未満だと思うけどww)

===

最近ようやく整理がついてきた。

ぼくが一番欲しかったものは、自分の(特に仕事に対する)理解だった。

自分が実現したいこと、その理想とギャップ。

震災復興関連の仕事では、社内の仕事と、社外の非営利団体の仕事とのギャップに相当苦しんでいた。予算の桁が2つぐらい違うのに、アウトプットの差は歴然だった。

だから、ぼくは社外に飛び出そうとした。自分にとってより意義のあるプロジェクトをもとめていた。

実際に飛び出そうとしたときに、これから同僚になる予定だったひとを紹介したりした。「うちのひとは他人への想いが強い」「志を同じくできる良いひとと出会えてよかった」と言ってくれたとき、彼女の理解がとても嬉しかった。

でも、実際はそうではなかった。

彼女は、僕のこうした想いや行動を「知って」はいたが、「理解して」はいなかった。

ぼくが何に悩んでいるのか想像もつかなかっただろうし、いくら伝えても、「そんなのは贅沢な悩みだ」「はやくカネになる仕事をしろ」が返ってくるばかりだった。

「知る」ことと「理解する」ことの違いや、ぼくの仕事に対する悩みは、彼女にはずっと理解できない。なぜなら、そういう特性だから。

自分は、このことに薄々気付いていたけど、ずっとフタをして、しまい込んでしまっていた。「砂漠に水をまき続ける」「ふたりだけどひとり」「沈む夕日を死ぬまで追いかけ続ける」そんなことばが、自分に響いたりした。

やがて気がつけば、Give and Takeを、お互いの存在意義を、求めるようになってしまった。

でも、それじゃあ家族は続かないよね。そこにそのままの姿であり続けて欲しいと思うのが、家族だから・・・あくまで理想だけど。

せっかくお祝いしてくれたのに、自分が至らず、ごめんなさい。

===

ぼくは去年1年間、いろいろなことにフタをして、自分なりに悩んだ。悩んで悩んで、苦しんで、うつの症状が再発したりした。そしたらうつの人と仲間になって、いまはうつ病支援のWEBサービス会社を手伝ったりしている。今月末〜来月初旬には、行政の仕事から外れるかたちで、会社に一旦もどる予定になっている。ゆっくり、自分らしさを取り戻しつつ、想いをカタチに出来る日を目指したい。

今年もよろしくお願いします。


スポンサーサイト


  • 2014.08.17 Sunday
  • -
  • 10:46
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
あのとき、こう言ってくれたことが嬉しかったんだよ言ったら、そのときのことが思い出されて、涙がでてきました。やっぱり、自分のなかでわだかまっていたのはこれでした。

一方、彼女はキョトンとして、「じゃあ趣味でやればいいじゃない」「私がそう言えばいいのかしら…」という反応。。。なるほど、そうくるか・・・。
  • g追記
  • 2013/01/13 12:22 PM
まだ、続行中で苦労されているのですね。。。リフレッシュしましょ!
  • OSG
  • 2013/01/13 1:25 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座